1. HOME
  2. 売りたい
  3. 早く売りたい
  4. 買取のメリットデメリット

早く売りたい

売却のプロフェッショナル

早く売りたい

買取のメリットデメリット

買取のメリット

自宅など、不動産を一般仲介の売却ではなく、不動産会社に買い取ってもらう方法のメリットを解説します。


【参考記事】
買取とは
仲介と買取の違い

仲介手数料が不要

買取の場合は、不動産会社が買主となるため、仲介手数料が不要となります。

期日が決まっている

査定価格にご納得出来れば、早期に現金化できるため、資金回収含めた住みかえスケジュールが立てやすいです。
買取の場合、不動産会社が直接購入をおこなう為、売却後のスケジュールが決まっている売主にとっては、大きなメリットがあるといえます。

特に、住まいの買い換え先が決まっている場合や相続税の納税期限が決まっている場合など不動産をできるだけ早く現金化したい場合には、仲介より買取の方が早く売却手続きが完了できるためおすすめです。

設備修復責任や瑕疵(かし)担保責任が免責

通常、仲介の取引においては、売主には設備修復責任や瑕疵担保責任の義務が発生し、不動産の引渡し完了後、一定期間内に不動産の瑕疵(欠陥や不具合など)や設備の故障が見つかった場合には、売主の負担で修復をおこなうことが必要となります。
一方で、買取での売却の場合は、不動産会社が買主となることで、瑕疵や設備不具合を踏まえた上で、購入しますので、売主の義務となる設備修復責任や瑕疵担保責任を免責とした契約条件が多く、後の面倒なトラブル発生のリスクを回避することが可能となります。

内覧の必要がない

仲介での売却の場合は、購入希望者の内覧希望はできるだけ受け付けて、都度、内覧をしてもらわなければなりません。
一方、買取の場合は、不動産会社が現地確認などをおこない、その後は、内覧の必要がありません。
そのため仲介の場合に比べて時間や労力の負担が軽減できます。

様々な種類の不動産を買取してくれる

土地・一戸建て・マンションなどの一般的な不動産だけでなく、個人のお客様の購入見込みが低い、土地面積が大きい広大地やアパート一棟なども買取してくれることがあります。
また、買主である不動産会社は、購入した不動産に建物を建築したり、リノベーションなどの付加価値をつけた上で、再度販売することを前提としていますので、仲介の場合のように建物が破損していたり、室内の使用状況がよくない状態の個人のお客様が興味を示し難い不動産の場合でも買取をしてくれることがあります。

近隣や周囲の人に知られる可能性が低い

仲介での売却の場合、インターネット媒体への掲載、新聞の折り込みチラシの配布などの各種広告媒体を通じて広く広告・販売活動をおこないます。
一方、買取での売却の場合は、買主である不動産会社と直接取引をするので、販売活動が不要となるため周囲に不動産を売却していることを知られる可能性が低いといえます。

買取のデメリット

市場相場よりも安くなる

仲介による売却の場合より、売却価格が低くなる可能性があります。不動産会社は、購入した不動産に付加価値をつけた上で、再度販売することを前提として購入(買取)をおこないます。
そのため再度売却(販売)する際のリスクや事業経費を想定するため、不動産の状況に応じた買取価格となってしまうことがあります。売主の売却ご希望条件に沿った、売却スケジュールで進めることや設備修復責任・瑕疵(かし)担保責任を免責とする契約条件とするなど売主に大きなメリットとなる反面、そのリスクを不動産会社が負担するため、仲介の場合と比較すると一般的には売却価格が低くなることがあるのです。

不動産によっては買取ができない場合もある

買主である不動産会社は、購入した不動産に建物を建築したり、リノベーションなどの付加価値をつけた上で、再度販売することを前提としていますので、建物が破損していたり、室内の使用状況がよくない状態の不動産でも大抵は買取が可能となりますが、再建築が不可能な不動産や擁壁が老朽化している不動産など、再度販売することが難しいと判断される場合には不動産会社による買取ができないこともあります。